リコーがGR3を発表!スペックを見たGR2ユーザーの私の感想

これまで噂レベルでしか情報が上がってこなかったリコーGR3ですが、遂に正式に開発が発表されました!

RICOH IMAGING デジタル一眼カメラに関連した、新製品やイベントの発表、サービスやサポート情報をご案内いたします。

と言うことで、今回はGR3スペックについて、GR2ユーザーの私が感じたことを書きます。



スポンサーリンク
アドセンス大

GR3ではGR2の弱点を完全に潰しにかかっている


GR3の以下のスペックを見てびっくり。

  • 手ぶれ補正搭載
  • 撮像素子クリーニング機能搭載
  • AFは像面位相差検出およびコントラスト検出によるハイブリッド方式

これまでGR2で弱点だった部分を、ことごとく潰しにかかってますね。
これだけでも充分食指が動く所ですが、進化はこれだけにとどまりません。

イメージセンサーの高画素化


GR2では画素数が16Mだったのが、GR3では24Mにアップしてます。
高感度耐性がどんなものが気になる所ですが、高画素化によりトリミング耐性は上がるので、クロップ機能を積極的に使っていけそうです。

更に寄れるマクロモード


GR2では10cmまでしか寄れなかったマクロモードですが、GR3では6cmまで寄ることができるようです。
これまでGR2を使っていて、あと少し寄りたいってことが結構あったので、これは地味に嬉しいと思います。

その他気になった項目


イメージコントロールの欄に、

  • モノトーン
  • ソフトモノトーン
  • ハードモノトーン
  • コントラスト(明部、暗部)
  • 粒状感

などと、見慣れない単語が。
もしかしてカメラ内現像のパラメータも一新してる!?
GR2のカメラ内現像は結構癖があって、正直分かりやすいとはいえなかったので、一新して分かりやすくなってくれていると嬉しいです。
(明瞭度とか、エフェクトじゃなくてデフォルトのパラメータになってくれてるとありがたい。)

何気にタッチパネルなんですね。
私は、右手で完結する操作性が気に入っていたので、タッチパネルはあまり使わないかもしれませんが、これでハードキー削減とかなってなければ良いですが。。

外部インターフェースレンズアダプターピンってなに?
もしかしてワイコンとか用の端子でしょうか?
てことはワイコンつけたら自動でワイコンモードに切り替わる?
そうであれば便利だと思いますが、これまでのワイコンが使えなくなると残念です。。

続報が気になる


まだまだ不明点も多いGR3ですが、9月26日から9月29日までフォトキナ2018に出品されるそうなので、どんどん情報は上がってきそうですね。

んー、発売は2019年春とのことですが、、欲しい、、、けどお金が。。
悶々とする日々が続きそうです。