ニコンD7500用の標準レンズには「Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」が絶対おすすめ!(作例あり)

今回は、ニコンD7500おすすめ標準レンズSigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」の記事です。
作例を交えて、どれだけおすすめなのかをお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク
アドセンス大

「Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 」はコスパ最強


このレンズは、F2.8通しの標準レンズです。
普通この手のレンズはフルサイズ用で10万20万は当たり前の世界です。
ですが、このレンズは今だと新品でも2.6万程で買えてしまいます。


このレンズはAPS-C専用なので、その分価格がお買い得になっているのだと思いますが、それにしてもかなりの高コスパだと思います。
勿論、写りに関しても申し分なく、DxOMarkのスコアはニコンDX機専用レンズの中では上位クラスです。

Camera Lens Database

「Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 」はボケのある写真が簡単に撮れる


背景をボカす方法はいくつかありますが、ざっくりいうと絞りを開放して望遠にして近くのものを撮ればボカせられます。
キットレンズとかだと、望遠にするとF値が上がりボケも小さくなります。
一方、このレンズはF2.8通しで望遠端50mmにしても開放F値2.8のままなので、大きくボカすことができます。

ひまわり畑

早朝観蓮会09

「Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 」は手ぶれ補正搭載でブレのある写真も撮りやすい


ボケの次はブレです。
シャッタースピードを遅め(1/10s程度)に設定する事で、被写体を意図的にぶらした写真を撮ることができます。
このレンズは4段分の手ぶれ補正搭載で、被写体をブラしながらも背景はブレずに撮れます。

LRM_EXPORT_740530946063510_20180908_194549294_wm

LRM_EXPORT_741141197366975_20180908_195610468_wm

AFが速く暗所でも効く


AFは基本的にはレンズの開放F値に依存し、明るいレンズであるほど暗所でもAFが効くようになります。
そもそもD7500は、比較的暗所のAFに強い機種ですが、F2.8通しである「Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」をつけることでその強みを最大限に活かすことができます。

夜間スナップ撮影に最適


D7500→AFが暗所でも効く&高感度に強い
Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM→明るいレンズ
となると、もうこれは確実に夜間スナップが捗ります。
手ぶれ補正もあるので、シャッタースピード上げて露出を稼ぐこともできます。

  • 大阪駅周辺で夜間スナップ大阪駅周辺で夜間スナップ大阪駅周辺で夜間スナップ大阪駅周辺で夜間スナップLRM_EXPORT_743448220098022_20180908_203912515_wm2018-09-08_08-20-59LRM_EXPORT_20180815_221835_wm

表現の幅が広がる常用レンズ


Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」は、ボカして良し、ブラして良し、暗所も強い、と表現の幅が広がるレンズです。
私的には、D7500キットレンズセットを買う位なら、D7500ボディ+「Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」を買うことをおすすめします。