私がニコンD7500を買った理由。D7200との比較。


この度、一眼レフを五年前に購入したD7000から、最新機種のD7500に買い換えることにしました。
そこで今回は、そのD7500と候補として上がった前機種D7200との比較と、D7500を選んだ理由について書きたいと思います。



スポンサーリンク
アドセンス大

高感度耐性はD7500が上



DxoMarkの測定結果によると、低感度(ISO100)のダイナミックレンジは、D7200の方が優れているようですが、少し感度が上がるとD7500の方が良い結果を出しています。
ISO200以上ではむしろフルサイズ機のD750に近いグラフになっているというのが驚きです。

動体撮影はD7500の方が撮りやすい



D7500は、グループエリアAFという新しいAF方式が使えたり、連写スピードが約8コマ/秒に向上してたりと、動体に関してはこちらの方が撮りやすそうです。
また、高感度に強いので、あまり明るくない所でも積極的にシャッタースピードを上げられそうです。
これは、子供を撮るのが捗りそうです。

チルト+タッチパネルが何気に便利そう



D7500には、D7000系では初のチルト液晶+タッチパネルが搭載されています。
花とか撮るときに便利そうですね。
ただ、ニコン機は伝統的(?)にライブビュー時のAFが遅いようなので、子供とか動体撮影には向かないと思います。
この点は最初から期待していないので、今持ってるD7000より少し早くなってればラッキーって所です。
因みに、液晶の画素数がD7200と比べて122万→92万と減ってますが、これはRGBW からRGBに変更されたためで、実質的な解像度には違いはないそうです。

その他D7200から劣化したもの


まあ巷でいわれているとおり色々あります。(笑)

  • シングルスロット化
  • 縦グリップ非対応
  • 撮影可能枚数減

あとは見た目がチープになったとか。。

私の場合、

  • スロットはRAWでしか撮らないのでシングルで充分。
  • 縦グリなんて使わない。
  • 撮影可能枚数950枚も撮れれば充分。
  • 見た目とか気にしない。良い写真が撮れれば問題なし。

ということで、劣化の点に関しては気にしていません。

バランスを重視してD7500にしました


まとめると、
D7200→静物撮影、低感度での画質、高級感。
D7500→動体撮影、高感度耐性、チルト+タッチパネル。
てな感じかなと思います。

風景とかを低感度でじっくり撮る場合はD7200に軍配が上がるかも知れませんが、静物・動体・暗所がそこそこきれいに撮れるのはD7500かなと思います。

色々検討しましたが、バランスを考えるとD7500という結論に至りました。
今なら1万円キャッシュバックキャンペーン中なので、買うなら今だということでポチってしまいました。

早速、今週末辺りに試し撮りしたいとおもいます。
では。

D7500初撮りの感想について書きましたので、興味があればこちらもご覧ください。
先日購入したニコンD7500の初撮りに万博公園はす池に行ってきたので、実際に使ってみた感想をレビュー記事としてまとめたいと思います。 ※基本...