Androidアプリ「カメラ水準器」の使用方法

自作Androidアプリカメラ水準器」の使用方法についてまとめました。



スポンサーリンク
アドセンス大

どんなアプリ?


カメラ水準器」は、既存のカメラアプリの上に水準器を表示させる撮影補助ツールです。


アプリの特徴



  • 水準器の表示は、カメラアプリの起動・終了と連動して自動で行われます。
  • あらゆるカメラアプリに対応しています。
  • 水平方向・あおり方向の2軸表示です。
  • 水準器は、ドラッグにより任意の位置に移動できます。
  • 縦横表示両方に対応しており、センサー検知で自動で表示が切り替わります。

初期設定


ドロワーから「カメラ水準器」を選択し設定画面を表示します。


権限設定


  1. 設定画面で、「権限設定」を選択します。
  2. ユーザ補助画面が開かれるので、サービスの項目の「カメラ水準器」を選択します。
  3. サービス設定をONに変更します。
  4. バックボタンで戻ると、続けてフローティング権限設定画面が開かれるので、ONに変更します。
  5. バックボタンで設定画面に戻ります。




カメラ登録


  1. 設定画面で、カメラアプリ登録を選択します。
  2. 画面右上の+ボタンを選択します。
  3. 水準器を使用するカメラアプリを選択します。リストに、該当のアプリが表示されない場合は「全てのアプリ」を選択するとインストールしている全アプリが表示されますので、その中から選択してください。(表示にはしばらく時間がかかります)
  4. カメラの画面が表示されたら、水準器を表示させたい画面を表示させて決定ボタンをおします。





使い方


  1. 初期設定で登録したカメラアプリを起動すると、水準器が自動に表示されます。
  2. 水準器をドラッグすると位置を移動できます。


使用上の注意


  • カメラアプリによっては、カメラの設定画面に水準器が重なる場合があります。
  • 水準器の精度は、ご使用の端末のセンサーに依存します。
  • 地磁気センサーを利用していますので、磁石等が近くにあると表示が狂います。

本アプリの紹介記事を書きましたので、宜しければこちらもご覧ください。

今回は、Androidのカメラで撮影する際に、水準器を重ねて表示させるアプリ「カメラ水準器」のご紹介です。 というか、自作アプリの宣伝ですね...